【運用実績公開】2021年12月・2021年年間米国株式運用実績

MONEY
スポンサーリンク

新年あけましておめでとうございます、きむです!
ついに2021年が終わり、2022年を迎えました!
今年もきむさんのゆるぐだ資産運用ブログ
どうぞよろしくお願いいたします!
さて、2022年の相場はどうなっていくのでしょうか⁉
爆上げとはいかなくても、プラスで終わってくれればいいなと
密かに祈っております!
さて今回は毎月恒例の2021年12月米国株式運用実績に
加えて2021年を通してどれだけ運用額が伸びたかをみていきます。
さっそく参りましょう!

スポンサーリンク

購入実績

まずは12月の購入実績です。
12月はバンガード・S&P500ETF(VOO)を3株購入しました。
日本円にして約15万円になります。
12月は11月末に前倒しで12月分を買ってたので、15万程度の買付となりました。

運用実績

では12月末の運用実績を発表していきます。
12月取引終了時点米国株式運用実績は
586万円(含み益120万円)でした。
11月末時点が536万円(損益額+87万円)でしたので
この1か月の運用実績は50万円増加、含み益は33万円の増加となりました。
2021年1年間の運用実績(20年12月末をスタート)で見ていくと、
2021年1月運用実績が167万円でしたので
今年1年で419万円の増加となりました!
投資元本と運用益を含めると月平均35万円資産が増加していることになりました。

株式市場の振り返り

12月の株式市場を振り返ります。
S&P500種指数は12月1日始値4,623.80から12月31日終値4,766.18と+4.36%で終わりました。
今月は不穏な空気がありましたがオミクロン株の毒性が強くないことがわかり
市場も安心したのか、11月末の下げから年末にかけて大幅な反発となりました。
さすが俺たちのUSA!!!
僕が保有しているVOOの投資対象であるS&P500は
2021年を通して26.9%と2桁成長を記録しました。
実は2019年の28.9%、2020年の16.3%と合わせて3年連続2桁成長なんです!
ちょうど投資を始めた時期が強気相場と重なっていてラッキーでしたね!

まとめ

上述した通りS&P500は直近3年連続で2桁成長を記録しており
多くの投資家にとってウハウハな時期を過ごすことができていると思います。
しかし来年もプラス成長あるいは4年連続の2桁成長
それとも一転マイナス成長となってしまうのかそれは誰にも分りません。
(もちろんプラス成長に越したことはありませんが)
僕はたまたまとても好調な時期があったよと割り切って一喜一憂しないことが大切だと思います。
今後も常にフルインベストを継続し長期間投資を続けていく所存です。
ブログも細く長く書き続けていきたいなと思っているので、引き続き読んでいただければ幸いです!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
次回もお楽しみに!
では、good bye!

コメント

タイトルとURLをコピーしました